へその掃除してますか?塊が巨大化する前の取り方を紹介!

へその掃除してますか?塊が巨大化する前の取り方を紹介!
皆さんはおへその掃除はされてますか?

おへそは掃除をすると、お腹が痛くなる、風邪をひくなどと言われ、長い間掃除をされないで放置されている方も結構いらっしゃいます。

結果、おへそにゴマができ、それが巨大化する場合もあるんだとか。

そこで今日はおへそのゴマや掃除方法についてお伝えしたいと思います。

おへそは身体の中心でもありますし、水着や夏場などおへそを出すファッションをされる方にとっては、目立つ場所にもなります。

優しく大切にケアして下さいね。


Sponsored Links

へその掃除、定期的にしていますか?

belly-button2

おへそのゴマの正体は、身体の垢や皮脂、汗、毛、石鹸かすなどのゴミです。

それがおへその中に入ることでゴマ粒のような物体になります。

おへそって少しくぼんでいて、皮膚にも少ししわがありますようね?!

そういう形状がゆえに、汚れなども入りやすく、かつ洗いにくいので、おへそは汚れが蓄積されやすい場所になります。

蓄積されると、おへそのゴマはどんどん大きくなり、棒や栓のように長くなったり、小石から炭のようにカチカチの大きな塊になってしまうこともあるのです。

おへそのゴマ自体はゴミですが、それ自体は無害で、人体に即大きな影響を与えることはないのですが、やはり溜め込むと、不衛生で異臭がしたり、おへその皮膚に出来た傷からゴマの雑菌がはいって、おへその炎症、「臍炎(さいえん)」になりやすくなります。

臍炎になると、湿疹ができたり、お腹が痛くなったり、おへその周りが腫れる、化膿するといったトラブルを引き起こします。

化膿すると、お腹周りに熱をもったり、じゅくじゅくしたりしますので、注意が必要です。

その場合は皮膚科でおへその消毒や抗生物質などの内服が必要になります。

またごくまれに腹膜炎を引き起こす人もいらっしゃいます。

これはおへその下にある腹膜に雑菌が感染した為に起こります。

見た目だけでなく、病気予防の為にも清潔にしておいたほうがよさそうですね。


Sponsored Links

塊(かたまり)が巨大化する前の取り方はどうすればいい?

belly-button3

初めは白い状態のゴマも酸化し、蓄積されると黒色に変化していきます。

その積み重ねが巨大化した、少しグロテスクな感じのゴマになってしまいます。

そうなると取り除くのに手間と時間がかかりますので、日頃の入浴時にできるお掃除方法をまずはお伝えしたいと思います。

普段のお掃除方法

入浴時に洗う際、指を入れて洗う場合は、爪で皮膚を傷つけないように、軽く回すように洗いましょう。

タオルで指を覆って拭くといいでしょう。

また直接指を入れて洗わなくても、石鹸などをしっかり泡立てておへそを上から洗ってあげるだけでも、かなり効果があります。

また湯船にゆっくりつかることで、垢が浮きやすくなり、汚れを落としやすくなります。

強く洗うと、逆に炎症を起こす場合もありますので、やさしく洗うを心がけて下さいね。

定期的なお掃除方法

石鹸で軽く洗っただけでは取れない場合や、ゴマの塊が巨大化している場合は、無理にゴシゴシ洗うのではなく、オリーブオイルやベビーオイルなど肌に刺激の少ないタイプのオイルを使って取り除くことができます。

やり方はいたって簡単です。

オイルをおへその窪んだところに少し垂らし、しばらく待ちます。

こうすることで、おへそについた汚れが浮き上がってきます。

10分程して、汚れが浮き上がってきたら、綿棒や柔らかいタオルなどで優しく取り除いて下さい。

お風呂上りは、皮膚が柔らかくなっているので、お掃除のタイミングとしてはオススメです。

ただし奥まで無理に掃除しようとすると、腹膜を傷つけ、炎症が起きたり、そこから雑菌が入ったりするので、気をつけて下さいね。

頑固な塊の場合、一度に完璧に掃除しようとするのではなく、何回かに分けて掃除する方が安全で、かつキレイに取り除くことができます。

身体や顔を違い、毎日こまめに洗う必要はなく、通常週一回程度のケアで清潔に保てますので、神経質になりすぎない程度に行って下さいね。

白いゴマ、どこまで取ればいいの?臭いにおい対策も必須!

belly-button4

見た目や病気以外にも、おへそのゴマで気になるのが、その臭い、異臭です。

人によっては、服を着ていても少し近づくだけでその異臭に気付く程です。

元はと言えば雑菌が繁殖し、おへその上ではむき出しになっているのですから、そのような臭いがしても不思議ではないのですが、臭いが発生しやすい人にはいくつか特徴があります。

それは垢などの汚れをおへそに溜めやすい習慣とおへその形状、形が影響しているようです。

無意識に洗っていない場合

臭いに敏感な方は、頭や脇、足や陰部など、汗をかきやすく臭いが発生しやすい部位は特に清潔に保たれているようですが、お腹が臭いというのは、臭い対策としては見落とされがちになる場合があります。

その場合、垢や臭いにも気付かれないことになります。

長い間放置され、ゴマが巨大化することも。

おへそが歪んでいる、または深い

おへその形が、歪んでいる、または深い場合は、どうしても汚れが溜まりやすくなります。

汚れや垢などを落としにくいだけでなく、流しきれなかった石鹸のカスなども残ってしまう為、おへそから臭いが発生しやすくなるのです。

シャワーの頻度が高い

普段から湯船につからず、シャワーだけで済ませている人は、汚れを浮かして取り除くことが難しい為、臭いの原因である垢が残りやすくなっています。

毎日ではなくても、2、3日に1度は湯船につかり、汚れをしっかり浮き上がらせて、清潔に保つようにしましょう。

太り気味でおへそが脂肪で狭くなっている

肥満傾向にある方の場合、おへそがお腹の皮下脂肪に覆われてしまう為、入浴をしても汚れをキレイに洗い落とせていない場合があります。

また汗や皮脂も分泌しやすい体質になっていることが多いので、おへその中がムレやすく、汚れやすくもなっているのです。

いかがでしょう?

日頃から清潔にしているつもりでも異臭がする場合は上記のケースが考えられますので、原因に応じて対策をするようにしていただければと思います。

また白いゴマのうちは比較的新しいゴマであり、身体の老廃物ですので、洗ったり、オイルを使ったお掃除でも比較的容易に取り除くことができますが、黒く変色したり、塊となると日数を要するケースが多いので、気長にケアしていただければと思います。

またおへそのゴマを取る専用の商品もメーカーから販売されていますので、専門ケアを好まれる方は試されてもいいかと思います。

顔などのように、おへそは日頃まじまじと見る機会の少ない身体の部位になりますが、清潔に保つことでスッキリ心地よくいられると思いますので、定期的なケアを心がけましょう。


Sponsored Links
CATEGORY :