デカフェのボス(BOSS)の価格。スタバでも人気を集める理由とは。

デカフェのボス(BOSS)の価格。スタバでも人気を集める理由とは。

最近ナチュラル志向やストレスフリー志向の方に人気の「デカフェ」

既に愛飲されてる方もいらっしゃるかもしれませんね。

デカフェとは、本来カフェインを含むドリンクや食べ物から、カフェインを取り除いたものを指します。

英語でDecaffeinated(デカフェイネイテイド)の頭4文字を取って、デカフェと呼ばれています。

主にコーヒーなどに対して呼ばれることが多く、カフェインの摂取が制限されている方や健康志向の方を中心に、人気が広まっています。

そこで今日はそんな注目のデカフェについてお伝えしたいと思います。

お店でもコンビニでもラインナップが充実し始めていますので、まだ飲まれていない方は是非お試し下さいね。


Sponsored Links

デカフェとは?海外では既に一般的な飲み方だった

decaffeinated2

日本では最近ブームになりつつある「デカフェ」ですが、海外特に欧米では既に一般的な飲み方として親しまれています。

既に市場の10%程を占めているんだとか。

なので、欧州ではデカフェに関して一定の規格も存在しています。

日本ではまだ特に規定はされていないようですね。

デカフェは先程もお伝えしましたように、本来であればカフェインが含まれているものから、カフェインを取り除いたものを指します。

厳密に言いますと、カフェインの含有量が0.2%以下にまで除去されたものを言います。

その取り除く方法は2つあり、一つは生産された豆からカフェインを失くす「脱カフェイン法」、もう一つはもともとカフェインが存在しないコーヒーの木を栽培することでカフェインなしのコーヒーを採取するという方法がありますが、カフェインなしのコーヒーの木の栽培に関してはまだ研究段階で、実用化はされていないようです。

ですので、脱カフェイン法が一般的ですが、脱カフェイン法にも3つ程方法があり、一つは「薬(有機溶媒)によるもの」、二つ目が「水と薬によるもの」、三つめが「二酸化炭素を利用するもの」があります。

何だか難しそうですね。

少しだけ詳しく見ていきましょう。

「薬によるもの」

これはカフェインが溶ける薬品(ジクロロメタン等)でカフェインを失くす方法で、安価でできる方法にはなるものの、カフェイン以外の成分も一緒になくなってしまう為、味が悪くなったり、薬が直接コーヒーの生豆に接触させる為、消費者にとっては安全性が気になるところで、日本では食品衛生法により、輸入は認められていないようです。

「水と薬によるもの」

これは水に溶ける成分を生豆から抽出し、その水の中のカフェインを薬で亡くし、そしてさらに薬を失くし、生豆に戻すという方法です。

こちらは先程の薬による方法と比較すると、薬が直接生豆に接しないので、安全面でも上記の方法より高く、2段階で抽出する為、風味の損失も防げるメリットがあります。

「二酸化炭素を利用するもの」

この方法は一定以上の圧力と温度を加えることで、気圧と液体の両方の性質を兼ね備えた、「超臨界流体」と呼ばれる状態にした二酸化炭素でカフェインを除去する方法です。

「超臨界二酸化炭素抽出」とも呼ばれています。

薬を使用しないので、安全性も高く、風味も損なわれないので、3つの方法の中で一番良い方法だと言えますが、コストがかかってしまう為、その分お値段も高め。

普及していく中で、コストが安くなっていくといいですね。


Sponsored Links

デカフェのメリット、デメリットとは?

decaffeinated3

カフェインとは、アルカロイド(強い生物活性を持つ窒素含有の有機化合物)の一種で、興奮作用があります。

ですので、カフェインが入ったものを眠気冷まし(覚醒)に利用されてる方も多いかと思います。

他にもや利尿作用や解熱鎮痛作用があるのもよく知られていますね。

そんなカフェインですが、人によっては、不眠や胃腸機能障害、気分障害に繋がると言われており、摂取を控えた方がいい場合もあります。

特に妊婦の方やカフェインの摂取量の制限がある方でコーヒーがお好きな方、眠りたいけど、コーヒーを飲みたい方にとっては、デカフェは救世主とも言えるでしょう。

コーヒーを眠け冷ましではなく、眠りにつく為に飲めるなんて、何だか不思議な感じがしますが、別名「眠れる森のコーヒー」とも言われ、親しまれつつあるんだとか。

またコーヒー好きの方であっても、一日に何杯も飲んでいると、胃腸の調子がおかしくなったり、気持ち悪くなる方も多く、デカフェはそんな方のニーズも満たしてくれそうです。

また摂取するカフェインの量が減少したことで、睡眠の質が向上したり、胃腸の痛みが軽減、頭痛の回数が減少したという方もいらっしゃるようですので、コーヒー好きで、このような症状がある方は試される価値がありそうですね。

ボス(BOSS)やスタバでも好評発売中!その価格とは?

decaffeinated4

そんな人気急上昇中のデカフェですが、メーカーではサントリーからデカフェブラックが2016年6月28日に発売されました。

500mlペットボトルで129円(税別)ですから、ゴクゴク飲める量と嬉しい価格設定ですね。

夜遅めの残業をされる方の胃にも優しいのではないでしょうか?

お店ではスタバが有名で、メニューとしてはまだ記載されていないようですが、カウンターで「デカフェで」とお願いすれば対応してもらえます。

カフェインの入ったコーヒーとお値段も同じですが、作り置きをしていない場合が多いらしく、その場合は少し待たなければいけないようです。

ですので、急いでらっしゃる場合は不向きな場合もあるでしょうが、淹れたてを飲める贅沢も味わえるのはちょっとお得な気分になりますね。

気になるお味の違いですが、刺激はカフェインがないことで少ないのは感じるが、優しい味でこちらの方が飲みやすいと感じられてる方もいらっしゃるようです。

いかがでしたでしょうか?

まだまだ知られていないデカフェですが、着実に私たちの生活に定着しつつあります。

ライフスタイルやTPOに合わせて選択できるのは、私たち消費者にとっては嬉しいですね。


Sponsored Links
CATEGORY :