糖尿病とは?原因と症状をわかりやすく解説。

糖尿病とは?原因と症状をわかりやすく解説。
健康とおる 先生

今日はどうされましたか?

冴内みちなが

最近体がだるくて、すごくのどが渇くんです。

健康とおる 先生

なるほど。それはいけませんね。太り気味のようですし、運動不足や食生活の問題もあるようですね。

冴内みちなが

そうなんですよ。運動もしてないし、仕事のストレスで甘いものばっかり食べちゃって…

健康とおる 先生

分りました。どうも糖尿病の初期症状と似ていますね…すぐに調べてみましょう!

糖尿病はとても身近な病気です。

また初期症状が軽く、痛みも伴わないために軽視されがちです。

しかし見つかったときには進行していることも多く、脳卒中や心筋梗塞などの大病に直結するとても恐ろしい病気です。

糖尿病とはどんな病気なのでしょうか?

どうして血糖値が上がったり、尿に糖が混ざったりするのでしょうか?

その原因と症状、治療法や予防法について分かりやすく解説していきましょう。


Sponsored Links

糖尿病とは?原因と症状を分かりやすく解説

糖尿病とは?原因と症状を分かりやすく解説

糖尿病を簡単に説明してみましょう。

消化吸収された糖質(ブドウ糖)は血液にのって体中を回っています。

しかしブドウ糖はそのままでは体内で使われることはありません。

筋肉の活動を例に取りましょう。

筋肉では活動を起こすためにエネルギー源が必要です。

そのエネルギー源はブドウ糖です。

ブドウ糖を筋肉に取り込んでエネルギー源に変えるには「インスリン」というホルモンの作用が必要になるのです。

また血内で余ったブドウ糖はどうなるのでしょうか?

エネルギー源が足りなくなったときのために、肝臓などに貯蔵されます。

その貯蔵のときに活躍するのもインスリンなのです。

ではインスリンの作用がなかったらどうなるのでしょう?

結果として、ブドウ糖が筋肉で使われず、肝臓でも貯蔵されない状態が続きます。

するとブドウ糖はいつまでも血液中にあって体中を回ったり、使われないまま尿として排出されたりすることになります。

このようにして血液中のブドウ糖の値(血糖値)が上がったり、尿に糖が混ざる(糖尿)ことになるのです。

この病態を糖尿病と呼んでいます。

糖尿病には2つのタイプがある

ブドウ糖を筋肉などに取り込んだり、肝臓などに貯蔵する(結果的に血糖値を下げる)ために必要なインスリン。

このインスリンを分泌するのが膵臓にあるランゲルハンス島β細胞です。

β細胞が自己免疫によって破壊され、インスリンが枯渇してしまうタイプをⅠ型糖尿病。

糖質の摂りすぎや運動不足、肥満などが原因で体のインスリンに対する反応(感受性)が低下してしまうタイプをⅡ型糖尿病と呼んでいます。

血糖値を下げることのできるホルモンはインスリンの他にはありません。

だからインスリンの不足や感受性の低下(インスリン抵抗性)が決定的な問題となるのです。

糖尿病は血管を破壊する病気

血糖値が慢性的に高くなったら体にどんな影響を与えるのでしょうか?

血液が粘っこくなったり、血管を作っているたんぱく質の老化を早めたり(糖化)することで全身の血管が破壊されてしまいます。

糖尿病が原因となる疾患をまとめてみましょう。

【糖尿病が原因となる疾患】

  • 脳梗塞:脳の血管
  • 狭心症(血液が通りにくい)・心筋梗塞(血管が完全に詰まる):心臓の血管
  • 糖尿病性神経障害:神経の血管
  • 糖尿病性網膜症(失明も):目の血管
  • 糖尿病性腎症(腎不全で人工透析も):腎臓
  • 足壊疽(切断の原因)
  • 白内障:水晶体のたんぱく質の老化
  • アルツハイマー型認知症
  • 悪性腫瘍

特に末梢の細い血管に多く、脳や心臓の疾患、足の壊疽など、どれも深刻な状態を引き起こします。

また腎臓、目、神経の障害を特に「糖尿病の3大合併症」と呼んでいます。

では深刻な病態になる前にはどのような自覚症状(初期症状)があるのでしょうか?

これらは決して見逃してはいけない症状です。

【糖尿病の初期症状】

  • 体がだるい・すぐに疲れる
  • 食後すぐに眠たくなる
  • のどが渇く・多飲・多尿
  • 手足の先のしびれ、感覚の鈍さ、便秘、立ちくらみ、勃起不全:神経の症状
  • たんぱく尿の出現やむくみが起こる:腎臓の症状
  • 親指のつけ根(母指球)や手の甲のヤセ:手の筋肉の萎縮
  • 傷が治りにくい
  • 感染症にかかりやすい
  • 血糖値の上昇(健康診断結果より):空腹時血糖126mg/dl以上、HbA1c6.5%以上

他の疾患によって引き起こされる糖尿病も

他の疾患によって引き起こされる糖尿病もあります。

これらについてまとめてみましょう。

【続発性糖尿病】

  • 肝硬変
  • 慢性膵炎・膵がん
  • ステロイド糖尿病
  • クッシング症候群
  • 褐色細胞腫
  • 先端巨大症 など

【遺伝子異常が原因の糖尿病】

  • 若年発症成人型糖尿病
  • ミトコンドリア遺伝子異常
  • インスリン受容体異常症 など

Sponsored Links

糖尿病の治療法と予防法(リスク要因)を分かりやすく解説

糖尿病の治療法と予防法(リスク要因)を分かりやすく解説

まずは糖尿病の治療法について見てみましょう。

【治療法】

  • インスリン療法:不足したインスリンを外部から補う
  • 薬物療法:経口血糖降下剤、GLP-1など:インスリンの分泌を促進する
  • 薬物療法:ブドウ糖吸収阻害薬:糖質の吸収を緩やかにして血糖の上昇を抑える
  • 食事療法:摂取カロリーの調整や規則正しい食事で血糖値を一定にする
  • 運動療法:摂取カロリーの消費や筋肉のインスリン感受性を高める

これらの治療には、医師の診断や投薬、栄養士よる栄養指導、理学療法士による運動処方など、専門家によるサポートが必要になります。

病院での診断のもと、適切な治療を受けることをおすすめします。

糖尿病には代表的な2つのタイプの他、遺伝子や他の疾患なども関係する大変難しい病気です。

しかし食事や運動など日常生活習慣を見直すことで予防できるケース(Ⅱ型糖尿病)が大部分を占めています。

次に糖尿病の予防法(リスク要因)について見ていきましょう。

【予防法(リスク要因)】

  • カロリー制限や適度な運動をする(肥満)
  • 禁煙・節煙をする(喫煙)
  • 糖分を控える(ファーストフードや清涼飲料水の摂りすぎ)
  • バランスのよい食事を心がける(白米や小麦など炭水化物主体の食生活)
  • アルコールを控える(食欲の過剰)
  • 6~7時間以上の睡眠を確保する(睡眠不足)

その他、最近の研究ではストレスによって血糖値が上がりやすくなることが報告されています。

これはストレスに対する体の防御反応によって、コルチゾールやアドレナリンといった血糖値を上げようとするホルモンの分泌が促進されるというものです。

またストレスによって暴飲暴食をするのも大きな要因と言われています。

ストレス解消も糖尿病予防にはとても大切なことのようです。

では最後に糖尿病予防に効果があると言われる食べ物を見てみましょう。

糖や炭水化物の制限と併用することでとても効果的になります。

【糖尿病予防に効果のある食べ物】

  • ごぼう:コレステロールの吸収を妨げる
  • 玉ねぎ:動脈硬化の予防(糖尿病の症状緩和)
  • さつまいも:満腹感を感じやすい(予防)
  • ケール:血糖値の抑制
  • じゅんさい:血糖値の抑制
  • ながいも:血糖値の抑制
  • きくいも:血糖値の抑制

すでに糖尿病の診断のある方やインスリンの投与や投薬などを受けている方はご注意ください。

これらの食材を大量に食べても病気が改善するものではなく、低血糖など重篤な症状を引き起こす可能性もあります。

いかがでしたか?

糖尿病は気付かないままでいると重大な疾患を招いてしまいます。

しかし普段の生活を見直し、リスク要因を減らすことで予防できるケースがほとんどなのです。


Sponsored Links
CATEGORY :