顔そりにハマる女性が急増。床屋のメニューからカミソリのセルフケアまで紹介。

顔そりにハマる女性が急増。床屋のメニューからカミソリのセルフケアまで紹介。

「顔そり」っていうと、床屋さんや理髪店でオジさまを中心に男性が髪を切るついでに受けるサービスってイメージが強いかと思いますが、ここ最近はレディースシェービングサロンなど専門店や女性向けのシェービングメニューを取り入れるお店が増えているそうです。

何だか時代と逆行している感じがしますが、今、どうして増えているのでしょう。

それはその「効果」です。

そう、女性にとって嬉しい効果がシェービング、顔そりにはいっぱいあり、比較的安価でエステ並みの効果が得られるということで、人気が出ているんです。

もはや男性だけの特権ではなくなってきているのですね。

そこで今日はそんな魅力と効果いっぱいの顔そりの世界を一緒に見ていきたいと思います。

お店でプロのケアを受けるのもいいでしょうし、自分でできるようになってセルフケアを楽しまれるのもいいかと思います。

ちょっとしたひと手間で、お肌をいいコンディションで保ち続けましょう。


Sponsored Links

女性がハマる顔そりの効果とは?

face-shaving2

では、顔そりをすることで、どんな効果が得られるのでしょう?

顔のくすみがなくなり、顔色や化粧のりがよくなる

顔には無数の産毛(うぶげ)が生えています。

顔を鏡に近づけて見ていると、よく分かると思います。

この産毛が顔色をくすませ、化粧のりが悪い原因になっていることが多く顔そりをすることで、薄いベールを取り除いたようにお肌の色がワントーンアップし、透明感も増すのです。

結果お顔がパッと明るくなったような印象を受ける方が多く、またお肌と化粧品の間にあった産毛がなくなることで、化粧品の密着度もアップし、化粧のりもよくなるんだとか。

凄い効果ですね。

中にはぼやけたフェイスラインがシャープになり、小顔に見える方もいるんだとか。

至近距離で見ないと見えない産毛も、お肌の透明度や化粧のりに大きく影響していたんですね。

単純に気持ちいいので、リラックス、リフレッシュできる

受けていただくと分かりますが、顔そりってとても気持ちいいんです。

特にプロの方にしていただく場合、細かい泡が顔全体に覆われ、スチームを浴びながら受けるケアはまさに至福のひととき。

あまりの気持ちよさに多くの方が途中で眠ってしまうと言いますから、リラックス効果やリフレッシュ効果は抜群です。

眠っている間に、一皮むけて美しくなっているなんて、嬉しいですね。

ピーリング効果

顔そりをすることで、産毛と一緒に固くて古い角質層も取れ、結果その下にあったあなた本来の美しいお肌が現れてきます。

またお肌のターンオーバーも整うので、化粧品の浸透力も高まり、よりしっとり、触って気持ちのよいお肌に。

肌トラブルやニキビ予防にも

意外に思われるかもしれませんが、顔そりはお肌のトラブル、特にニキビ予防にも効果的なんです。

というのも、産毛があると、そこにどうしても雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビが出来やすくなります。

ですので、顔そりをすることで、余分な皮脂や汚れが取り除かれるので、効果的なんです。

ただし、あまりにニキビが悪化している時は、ニキビ自体を傷つける可能性がありますので、その場合はニキビが落ち着くのを待ってから行うようにして下さいね。


Sponsored Links

床屋でのプロのケアとカミソリ、電動シェーバーなどのセルフケア

face-shaving3

床屋さんや理髪店、また最近流行りのシェービングサロンなどでプロのケアを受けるのもいいですが、時間がなかったり、また手軽にしたい場合は、カミソリや電気シェーバーを使って、セルフケアにチャレンジしてみましょう。

用意するものはカミソリと皮膚を保護するクリームやフォーミングです。

剃る方向の反対側の皮膚を少し引っ張って、テンションを作りながら、毛の流れに沿うように剃っていきましょう。

毛の流れと逆に剃ると、毛穴を傷つけてしまいますので、注意して下さいね。

また同じところを何度も剃ると、肌に負担をかけてしまいます、できるだけ1度ですむように剃っていきましょう。

また肌に対して約45度の角度でカミソリを当てるのが基本です。

額(おでこ)や眉の周り

まずはおでこから剃りましょう。

髪の生え際を1㎝程だけ残し、上から下に剃ります。

眉の周りや下も同様に上から下に剃ります。

内側から外側に向かって剃ります。

頬は上から下に剃ります。

凸凹していて、剃りにくい部分ですので、カミソリを小刻みに動かして剃るようにしましょう。

鼻の周り

カミソリを縦に持ちます。

空いているほうの手で軽く肌を押さえながら、顔の中心から外側に向けて剃ります。

小鼻の横は指で鼻を反対側に倒して剃るとキレイに剃ることが出来ますよ。

口周りやあご

舌で内側から口の周りを押し上げながら、上から下へと剃っていきます。

あごやフェイスラインも同様に上から下に剃っていきましょう。

セルフケアする際の注意点とは?

face-shaving4

いかがでしたでしょうか?

セルフケアもうまく出来そうでしょうか?

最後にセルフケアをする上での注意点をお伝えしたいと思います。

まずカミソリですが、古くなったカミソリは刃の滑りが悪くなっていて、その状態で顔そりをすると肌を傷つけやすくなりますし、衛生面でもよくありません。

ですので、1ヶ月に1回を程度を目安にこまめに取り替えるようにして下さいね。

またカミソリは慣れないうちはT字カミソリでも構いませんが、剃り残ししやすい為、より小回りが利くI字カミソリを使用するようにしましょう。

顔そりをする際は、蒸しタオルをするなどして、毛や顔の皮膚を柔らかくしておくと、スムーズに処理することができます。

その後、お肌に合ったクリームを適量つけ、滑りをよくしてから、顔そりを行いましょう。

もちろん顔そりが終わった後もしっかり保湿ケアをして下さいね。

いくら効果があるからといって、頻繁に行うとお肌を傷つける恐れがありますので、1ヶ月に1回程度を目安に行いましょう。


Sponsored Links
CATEGORY :