手が黄色い原因は肝臓にあった!肝臓の機能を強くする方法とは?

手が黄色い原因は肝臓にあった!肝臓の機能を強くする方法とは?
美好みのり 先生

あれ!太井さん、そんな慌ててどうしましたか?

太井明子

先生~。やばいです!私の手が!

美好みのり 先生

え?手がどうしましたか?まずは落ち着いて話してください!

太井明子

実は最近手が「黄色」なんです!それも、おかしいくらい「黄色」なんです!絶対、やばい病気ですよね?先生助けて~

美好みのり 先生

なるほど^^;太井さん落ち着いてください。みかんを食べたわけでもないのに、手が黄色くなるなんてビックリされたとは思いますが、意外とこの症状は多いんですよ!では、原因や対策などについて紹介していきますね!

最近、手が黄色いと思うことがありませんか?

その原因は肝臓が弱っているのかもしれません。

肝臓が弱っていると手が黄色い症状が出て、顔にも黄疸(淡黄色になる)が出たりします。

手が黄色い原因は、病気の可能性があります。

これから手が黄色い原因や病気を分かりやすく紹介いたします。


Sponsored Links

なぜ手が黄色いの?その原因は肝臓との深い関係があった。

肝臓が弱っていると、手が黄色い症状が出てきます。

手のひらだけではなく、爪や顔にも黄色い症状が出てきます。

その原因として、肝臓が大きく関わります。

肝臓には「解毒」や「胆汁の生成」や「血を増やす」など、人間の身体に大きな役割を担っています。

その重要な機能を果たしている肝臓が原因で身体に様々なサインを出してくるのです。

その1つが、手が黄色い症状です。

肝臓が弱ると血液中にあるビリルビンという物質が上昇します。

このビリルビンの値が上昇することが原因で、皮膚が黄色くなってくるのです。

手が黄色い症状を解消するには肝臓の機能を正常に戻し、ビリルビンの値を戻すことが必要です。

手が黄色い原因の肝臓が弱る原因はここにあった!静かなる臓器、肝臓の役割とは。

肝臓に悪影響を及ぼす原因は以下の通りです。

1.肝臓に悪い!アルコールの過剰摂取で手が黄色い症状が出る。

肝臓はアルコールを解毒する働きをもっています。

アルコールの大量摂取や休肝日のないほど飲み続けることが原因で肝臓が疲れてしまい、手が黄色い症状が出てきます。

2.刺激の強い食べ物を取り続けることは肝臓に悪い!原因で手が黄色い症状が出る。

辛い食べ物やスパイスの効いた食べ物を毎日食べ続けることが原因で肝臓が弱り、手が黄色い症状が出ます。

またコーヒーや紅茶などカフェインが多く含まれた飲み物は適量だといいのですが、あまりに大量に摂りすぎるのは、肝臓にとって毒になります。

3.肝臓に悪い!脂肪分の多い食べ物を取り続けることが原因で、手が黄色い症状が出る。

コンビニエンスストアで売られているお弁当やおにぎりなど、添加物を多く含んだ食べ物は中性脂肪を増やします。

またカップラーメンやハンバーガーなどのファーストフードも肝臓に良くありません。

過剰に摂ることは避けましょう。

4.肝臓が弱ってくる!薬の常用を続けることが原因で、手に黄色い症状が出る。

抗生物質など薬を毎日のように服用していると肝臓の機能が低下してきます。

毎日何かしらの薬を飲んでいるようでしたら、ちょっとした不調でも薬を我慢し、自己治癒で回復させることをおすすめします。


Sponsored Links

肝臓とは関係ないの?手が黄色い症状。柑皮症(かんぴしょう)になる原因とは?

手が黄色いはみかんが原因

寒い冬になるとコタツにみかん。

漫画に描いたように風景ですね。

「みかんを沢山食べすぎると、手が黄色い状態になるぞ」とよく親に叱られたことを思い出します。

でもみかんを多く食べさせないためのウソではなく、実は本当の事なのです。

かんきつ類に多く含まれるカロテンを過剰摂取すること原因で、皮膚に色素が付着し始め、手が黄色い状態になります。

手が黄色い症状ではなく、足の裏も黄色くなります。

柑皮症かな?と思われる方は、かんきつ類などカロテンが多く含む食材を少し控えることをおすすめします。

手が黄色い症状の「柑皮症」と「肝臓の機能低下」の見極め方とは?

柑皮症と肝臓の機能低下は症状がよく似ています。

その見極め方は、目に黄疸(おうだん)が出ているかで判断ができます。

肝臓の機能が低下していると血中のビリルビンが原因で、目にも黄疸が出てきます。

手が黄色い症状が出た場合、目も黄色くなっていないかも確認してみてください。

ビリルビンの値が高くなることが原因で、肝臓が弱っているかもしれません。

弱った肝臓を労わろう!手が黄色い原因を改善する方法とは?

肝臓を正常に働かせるための栄養素として、ビタミンは外せません。

肝臓の働きを助けるビタミンを多く含む食材。

・レバー、ブロッコリー、かぼちゃ、うなぎ、ゴマ。

肝臓の解毒作用をうながす栄養素として亜鉛などのミネラルはかかせません。

肝臓の解毒作用を促進するミネラルを多く含む食材。

・レバー、牡蠣、うなぎ、野菜、果物。

酵素が弱った肝細胞を修復してくれます。

解毒作用をサポートする酵素を多く含む食材。

・大豆、豆腐、納豆、味噌汁、ゴマ。

食物繊維が腸内環境を整え、肝臓の負担を軽減してくれます。

腸内環境を整え、便秘を防ぐ食物繊維を多く含む食材。
・ひじき、納豆、きくらげ、きなこ。

総合的に肝臓にはレバーが良いのが分かります。

早く手が黄色い原因を改善するために、レバー料理を一品そえてみてはいかがでしょうか?

食生活を見直しても手が黄色い原因が改善できない場合は、病院で診断していただくことをおすすめします。

肝臓に良い食べ物

いかがでしたか?

手が黄色い症状が出た時にまず疑うことが「肝臓の機能低下」か「柑皮症」です。

柑皮症だと病院に行くまでもないのですが、肝臓の機能低下だと少し心配ですね。

肝臓の機能低下は手の黄色い症状だけではなく、病院の血液検査でも分かります。

手が黄色い症状が私生活の改善でも、変化が見られない方は一度病院に行って診断されることをおすすめします。

仕事のお付き合いとプライベートの食生活のバランスをうまくはかり、手の黄色い原因が改善できることを心より祈っています。


Sponsored Links
CATEGORY :