ヘルパンギーナの症状は咳と嘔吐。子供の保育園の影響は?

ヘルパンギーナの症状は咳と嘔吐。子供の保育園の影響は?
「ヘルパンギーナ」、初めて聞かれる方も多いかと思いますが、ヘルパンギーナは「夏かぜ」の代表的な疾患で、ウイルス性の感染症で、夏になりやすいと言われています。

そのヘルパンギーナが西日本を中心に今年(2016年6月現在)は流行の兆しがあり、既に増加傾向のある自治体などは手洗いなど感染予防の呼びかけを行っています。

そこで今日はヘルパンギーナについて、お伝えしたいと思います。

ヘルパンギーナはウイルス性の感染症ですから、しっかり予防することが大切です。

しっかり学んで、自分の身体を守っていきましょう。


Sponsored Links

ヘルパンギーナの症状は?咳や嘔吐などに注意

herpangina2

ヘルパンギーナは一般的には夏場(6月~8月)に乳幼児や子供がかかりやすいと言われています。

引き起こす病原体はコクサッキーウイルスとエコーウイルスというウイルスの場合があり、ほとんどはコクサッキーウイルスだと言われています。

コクサッキーウイルスはA群とB群に分類されます。

ちなみにヘルパンギーナとは別の夏かぜ症状をもたらすと言われている手足口病は主にA型コクサッキーウイルスです。

ヘルパンギーナにかかると下記のような症状が出ます。

・38度~40度の高熱が出る
・咳や嘔吐がある
・口内炎や水疱ができる
・のどに炎症が起こる

他にも関節の痛みや倦怠感や口やのどが痛くなります。

ですので、食事を摂取する際に強い痛みを伴います。

水疱は、口腔内の上あご部分や咽頭部周辺に多く発症する傾向があり、また水疱はひとつだけとは限らず、多数発生する場合もあります。

水疱の直径は2ミリ~4ミリが一般的ですので、目視(目で見て確認できる)レベルにはなります。

また出産直前の妊婦さんが発症すると、生まれてくる子供も感染している場合があります。

ほとんどは軽症で事なきを得るようですが、中には重症となってしまう場合もあるので、特に夏場に出産を控える妊婦さんは注意が必要です。

生まれてくる赤ちゃんとご自身、二人分の健康を守りましょう。


Sponsored Links

予防と治療のポイントは?

herpangina3

ヘルパンギーナは現在のところ、このウイルスを消滅させる薬や予防できるワクチンがありません。

ですので、予防接種も行われていません。

ですので、ヘルパンギーナに感染した場合は、その症状に対する治療をする対症療法が基本となります。

感染すると高熱を発症しやすいので、まずは安静にする、これが何といっても大切になります。

また高熱に伴い、脱水症状になる可能性も高くなりますので、合わせて水分補給もしっかり行いましょう。

口内炎や咽頭部の炎症がある場合、酸味のある飲み物(レモンやオレンジジュース)は刺激になる場合もあるので控え、湯さましなどの水あるいはイオン飲料などを飲むようにしましょう。

発熱は2~3日程度で徐々に熱が下がりますが、熱が長期間に渡り下がらない場合は髄膜炎等の合併症を併発している可能性もあります。

すぐに病院に行って診察を受けましょう。

口内にできる水疱に関しては、2~3日は表面がやぶれてただれてきますが、1週間程度で口内の皮膚も回復します。

まとめますと、発症して1週間ほどで熱がある間は、病院で受診すると共に、水分補給をしっかりしながら安静にすることが何より大事です。

またヘルパンギーナは飛沫感染や接触感染など、二次感染する病気です。

予防としては先程お伝えしましたように、予防接種ができない為、 うがいや手洗いが予防の基本となります。

赤ちゃんは手を舐めることが多いので、手を清潔にしてあげて下さいね。

うがいや手洗いで予防する以上に大切なのが、自己免疫力を高める、或いはいい状態を保つことです。

この病気は確かに子供に多い病気ではありますが、大人も感染、あるいは二次感染することもあります。

特に夏場は食欲が落ちたり、夏バテをして体力が落ちて、免疫力が低下する人が増加します。

低下すると、感染するリスクも高くなりますので、日頃から体調維持に努めましょう。

子供の保育園、学校への影響は?

herpangina4

ヘルパンギーナは、発症する90%が5歳以下の子供だと言われています。

ただし、発症したからといって、感染から何日まで出席を控えるといった公的な出席停止期間は現在のところ定められていません。

明らかな高熱や水疱が潰れて口内炎になり、通常の食事や水分が摂取できない場合は、子供の健康を考え、安静にすることが大切です。

またヘルパンギーナは症状が治まっても、2~4週間はウイルスが便から排出されます。

そういった目立った症状がない場合でも、二次感染のことを考慮し、医師や学校の先生に相談しましょう。

いかがでしたでしょうか?

大人はもちろんですが、抵抗力がまだついていない子供は、かかりやすく、ダメージも大きくなります。

親や学校の先生含め、大人がそして社会がしっかりと子供の健康も守ってあげたいですね。


Sponsored Links
CATEGORY :