手荒れによるかゆみを治すには?薬を使っても酷いときの対処法を紹介。

手荒れによるかゆみを治すには?薬を使っても酷いときの対処法を紹介。

手荒れによるかゆみは、仕事をしていても炊事をしていても、夜寝るときも非常にきになってしまいますよね。

抗炎症剤を飲んだり抗生薬を塗ったりすることは出来ても、対症療法でしかないともいえます。

ではどうしたら手荒れによるかゆみの症状を緩和、もしくは完治できるのでしょうか。

人によって対応はそれぞれ異なるのはもちろんですが、今回は一般的なケースにおけるそれぞれの対応についてご紹介していきたいと思います。

この記事からご自身の症状にあった方法を見つけて、少しでも状況が緩和してくれたらとてもうれしいです。


Sponsored Links

かゆみの原因とは?

itch-of-hand
手がかゆくなる原因はどうしてなんでしょうか。

ひとことにかゆみといっても原因は様々です。

今回はその手のかゆみを引き起こす原因となる病気についてご紹介します。

異汗性湿疹

手にできる「あせも」のことです。

具体的には汗が原因で手に湿疹ができる病気
です。足に出来ることもあります。

汗が出る汗管という組織が水分でふやけて詰まってしまうことで、汗が詰まり炎症になる病気です。

一般的にはステロイドの投与や内服薬で治療しますが、皮膚の深いところでおこるので完治しづらいです。

毎年夏に起こりやすいですが、1ヶ月くらいで自然に治癒する場合が多いです。

手荒れのかゆみの原因としては、それほど重い部類ではないので、様子を見ながら、皮膚科へ行くとよいでしょう。

慢性湿疹

手のある部分がかゆくなり、そのかゆみは強いです。

かくことで赤みが強くなり、またかゆくなるためそれを繰り返します。

繰り返すことで皮膚がぶ厚くなり、症状が長く続きます。

治療方法としてはステロイドを含む外用剤を使うことが有効です。

ただしステロイドの副作用を気にされる方も少なくないと思います。

ステロイドは強さの強いものを数ヶ月塗布するとその部分の皮膚が薄くなり、

毛細血管等が透けてみえたり、皮膚の免疫力も低下させるといわれています。

ただステロイドの強さは全部で5段階に分類されています。

最弱の「ウィーク」から最強の「ストロンゲスト」まであります。

最弱と最強には数百倍から数千倍の強さの差があります。

必要な部位に必要な強さだけを調整して使えば問題はありません。

湿疹に効果がある最低限の量を患部にだけ塗布することで短期間で治療していきます。

その間にかゆみが止まることで掻きむしらないなれば慢性湿疹の治癒は早くなります。

ご自身の体質に合わせたステロイドの強さを相談できる皮膚科を見つけて通うことが大切です。

ステロイド外用剤のつけ過ぎと濃すぎには十分に注意してください。

あなたへ正しい用法、容量、強さを指導してくれるお医者様を探すことが慢性湿疹の治療には一番重要です。

手白癬(てはくせん)

いわゆる手にできる水虫です。手の平の皮膚が分厚くなり水虫のように白いかさぶたのようなものができます。

かゆみはそれほど強くはありません。

白癬菌というカビの一種が手に感染することで発症します。

治療は足の水虫と同様で、白癬菌用の外用薬等で治療していきます。

一般に足の水虫のほうが大半で手に感染するのはまれな場合です。

確立的には他の症状から疑ったほうがよいかも知れません。

白いかさぶたのように皮膚が分厚くなってくるのが特徴です。


Sponsored Links

薬だけでは酷い状態から回復しないときは?

itch-of-hand
炎症が起きた状態でいろいろなものを掴んだり握ったりすると、それ自体が刺激となってしまいます。

手荒れが酷くなかなか回復しないときは、処方された外用薬を塗布したあとで、木綿の手袋をするようにしましょう。

ビニール手袋だと蒸れてしまいかえってよくないです。

木綿の手袋も常に清潔に保たないとそれ自体が刺激物となってしまいます。

最低でも1日2回は交換しましょう。

そして、ぬれたものをどうしても触る必要がある場合には、木綿の手袋の上からビニール手袋をするようにします。

直接ビニール手袋をしないほうが良いでしょう。

あとは、やまいも、山菜、たけのこ等のアクの強い食品は避けるようにしましょう。

コーヒー、お酒もなるべく避けたほうが良いです。

重症化してしまった手荒れは最低でも皮膚が入れ替わるまでに1ヶ月はかかります。

その間にケアを怠って皮膚を掻いたり傷つけてしまうと、またそこから1ヶ月かかることになります。

必要に応じて掻かないための薬の使用は継続して行っていくようにしましょう。

この記事を読まれたあなたやご家族のご回復を心よりお祈りしております。


Sponsored Links
CATEGORY :