はんにゃ川島が腎臓癌(がん)を激白!辛い症状を克服した姿にHBラボが密着!

はんにゃ川島が腎臓癌(がん)を激白!辛い症状を克服した姿にHBラボが密着!

皆さんは腎臓癌についてお聞きになったことはありますでしょうか。

腎臓とは、握りこぶしくらいの大きさの臓器で、腰周辺に左右対になる配置で2個あります。

腎臓は血液をろ過して、身体の不要となったものや多すぎる塩分を身体の外へ排出してくれる役割を持っています。

腎臓を通って体に大切なものは再度血中にもどり、不要なものだけを尿として排出してくれるとても大切な器官です。

そんな私たちの身体で必要不可欠の臓器である腎臓が癌になったらどのような症状になるのでしょうか。

次の章からご紹介していきます。


Sponsored Links

はんにゃ川島もかかった腎臓癌(がん)の症状とは?

kidney-cancer3
腎臓癌は初期の症状がほとんどありません。

逆に言うと今からご紹介する症状があらわれたときにはすでにかなり進行している場合が多いです。

肺に転移したとき

腎臓癌は肺に転移しやすく、その際には呼吸障害、血痰等の症状が発症します。

ただ肺に転移した場合にも初期症状はほとんどありません。

肝臓に転移したとき

肝臓も腎臓癌の転移しやすい臓器ですが、症状は最後までなかなかあらわれない部位です。

肝機能障害や黄疸、食欲の減退等の症状を感じたときには肝臓癌はかなり進んでいる状態です。

骨に転移したとき

骨に腎臓癌が転移した際には、手足のしびれや、骨がもろくなりすぐに骨折してしまう等の症状があらわれます。

腎臓癌(がん)が進行したとき

腎臓癌が進行すると腹部の痛み、血尿、しこりなどの自覚症状があらわれたりします。

さらに、腎臓癌が作り出す特殊なたんぱく質によって、高血圧や赤血球増多症等の症状がでることもあります。

このように腎臓癌自体は初期症状がほとんどないため、他の臓器に転移したり腎臓癌が進行したりしないと気づかないという恐ろしい病気です。

では私たちはどのようにしてこの腎臓癌を予防や発見をしたら良いのでしょうか?

次の章でご紹介いたします。


Sponsored Links

発見や予防の仕方について

kidney-cancer4
腎臓癌は早期発見できればはんにゃ川島さんのように完治も可能な癌です。

しかし先ほどの章でもご紹介したように、ある程度症状が進まないと気づかないという恐ろしい特徴があります。

今回は川島さんはお子さんが出来たということで、パートナーと結婚することになり、結婚前の身体のチェックということで健康診断に行ってたまたま発覚したそうです。

ですので、腎臓癌に限らず癌の早期発見には定期的に健康診断を受けることが非常に大切になってきます。

予防という点では、腎臓癌になりやすい発症のリスクを減らすことが大切です。

腎臓癌になりやすい生活習慣は、ずばり「喫煙」と「肥満」この二つになります。

喫煙は肺がんをはじめ、あらゆる癌の発生リスクを何倍にも高めます。

とりわけ腎臓は血液のろ過をつかさどる臓器なので、特に喫煙による影響の大きい部位といえます。

喫煙は健康のために極力控えるようにしましょう。

もし喫煙をやめられそうならきっぱりやめるべきです。

あと、肥満が腎臓癌の原因になるのは、血がドロドロ状態になりやすいからです。

ドロドロ状態の血液は腎臓がろ過する際に臓器への負担となります。

そのことによって、腎臓癌の発症リスクを高めてしまっているのです。

ドロドロ血液は高脂血症ともいいますが、これは血管を詰まらせる原因になるので、脳にいくと脳梗塞になりますし、心臓にいくと心筋梗塞や狭心症の原因となります。

ですので、肥満はドロドロ血液になる可能性があるといえますので、肥満を予防するよう日常生活を送ることはとても大切です。

ぜひ他の大病も防ぐために肥満体質の方は生活習慣の改善をしていってください。

症状の治療や克服

kidney-cancer6
はんにゃ川島さんは、その後15年1月に開腹手術を受けて、腎臓の腫瘍摘出したそうです。

術後の経過は順調だそうですが、今でも半年に1度の定期健康診断は受けているとのことです。

比較的発見が早かった場合には腎臓癌は十分に回復可能な病気です。

腎臓癌を克服するためには、何よりも早めの発見がとても大切です。

日頃の健康管理や体調状態に気を配ると同時に、定期的な検査は必要です。

ぜひこの記事を読まれたあなたも以上のことを意識して取り組んでいってみてくださいね。


Sponsored Links
CATEGORY :