あなたも仮面うつ病かも?症状と原因からその解決方法まで探ります!

あなたも仮面うつ病かも?症状と原因からその解決方法まで探ります!

なんとなく続く身体の不調のため病院にいったら、胃腸系の異常ですと診断されたはいいものの、ずっとお薬を飲んでいてもなかなか治らない。

そのような経験をされた方はいますでしょうか。

また、動悸や目まいもするので、病院にかかってみたのはいいものの、その症状が回復しても身体のだるさはずっと続く、そのような方もいらっしゃるかもしれません。

実はあまり知られていないのですが、仮面うつ病という病気があり、その病気自体は1950年代から提唱されている古くからの概念の病気なのです。

今回はそんな仮面うつ病についてその症状と解決策や治療方法についてご紹介していきたいと思います。


Sponsored Links

仮面うつ病の症状とは?

masked-depression-2
仮面うつ病とは、本来のうつ病の症状が様々な身体の不調の症状によって隠されてしまっている状態や症状のことをいいます。

ですので、本来はうつ病であるのに、それ以外の症状が目立ってしまうことによりうつ病と診断されないことに一番の危険があります。

その症状の種類としては、

全身の倦怠感、疲労感、頭痛、腹痛、睡眠障害、月経不順、性欲減退、めまい、聴覚異常、便秘や下痢等、多岐にわたり症状が現れます。

そして、このような症状と診断されて内科的処置によりお薬の飲んだりや治療を行っても、完治しないことがあります。

その際には診断された病気そのものが症状の原因となっていない場合があります。

仮面うつ病はそのようなときに、その可能性が疑われる病気のひとつなのです。

治らないからといって全部が仮面うつ病であることはないのですが、その原因の可能性があるということを知っておいてください。

通常の病気との見分け方

masked-depression-3
仮面うつ病にかかっている人とそうでない人との違いは明確なものはないのですが、精神科のお医者さまが見分ける判断は以下のようなポイントがあります。

精神的な活力(エネルギー)が低下しているかどうかという点です。

また傾向としては、自分に厳しい性格の方に多い傾向があります。

ですので、ご自身が

・ 最近落ち込んでいる

・ やる気が出なく休日は家に閉じこもりがちである

・ 集中できない

・ 引っ込み思案になってしまった

このような傾向があってなんらかの身体の異常もあるようでしたら仮面うつ病の可能性があります。

ご自身にそのような兆候がありましたら、ぜひ心療内科もしくは精神科にて受診されることをおすすめいたします。


Sponsored Links

完治するのはどうしたら良いか?

masked-depression-4
さきほどご紹介したように、身体的な症状は対処療法に過ぎず、腹痛や頭痛といった症状の改善は根本的原因である仮面うつ病の解決にはつながりません。

ここで治療をしていくにあたってひとつ大切なことがあります。

それは、仮面うつ病ですよと言われた患者さんご自身が、仮面うつ病であることを自覚し、受け入れ、それを解決していくんだという心構えが大切なんです。

元々ご自身に厳しい方に多いのが仮面うつ病という病です。

「俺は絶対にうつ病になんかならないんだ。」とか「私がそうなることはないのよ。」とか、中々心の病について受け入れられない人が、この仮面うつ病にかかりやすい傾向にあるようなのです。

治療にあたって最初に必要なことは「うつ病は誰しもかかる病気であって、心が弱い人だけがかかる病気ではないんだ。」という事実を患者さんご自身が頭で理解し受け入れることです。

ここが普通のうつ病の治療より仮面うつ病のほうが難しいところのようです。

具体的な治療方法は基本的には他のうつ病と同じです。

抗うつ剤と抗不安薬等による治療をカウンセリングと並行して行ってきます。

睡眠障害があるようでしたら、必要に応じて睡眠導入剤も飲んでいくような形です。

また、これら抗うつ剤等の精神薬を飲むことによって、ずっと完治しなかった腹痛や頭痛、その他の身体的症状については非常に効果的に治癒へ向かいます。

仮面うつ病の副因は身体的症状ですが、主因はあくまでも心の不調にあるからです。

不定愁訴のような、なんとなくだるい、身体が重い状態が長く続いて完治しない場合には、今一度仮面うつ病の可能性を考えてみたほうが良いと思います。

いかがだったでしょうか。

この記事が貴方の健康のご参考となって、問題を解決するきっかけとなれることを編集部一同祈っております。


Sponsored Links