保湿のしっかりできる下地作りなら敏感肌でも大丈夫。おすすめは?

保湿のしっかりできる下地作りなら敏感肌でも大丈夫。おすすめは?

皆さんは保湿するための下地についてどのようにお考えですか。

保湿するときに、やたらと肌に化粧水や水分を与えようとしてしまいがちですよね。

でも本当に重要なのは、必要とする場所に水分を行き渡らせて、それをしっかりお肌に留めておくことです。

次の章から保湿するための下地作りについて考えていきましょう。


Sponsored Links

保湿のための下地作り

moisturizing
化粧の下地作りというのは、もともとファンデーションののりをよくするため、表面を平らにし保護することが目的です。

ただ保湿のための下地というとまた少し違った視点になってきます。

元々下地にも保湿が必要なケースというのは、乾燥した肌が影響して肌自体が敏感になっているケースが多いです。

ですので敏感肌になっている場合には保湿成分が含まれた下地を積極的に選ぶようにしましょう。

保湿成分の主な例として、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、レシチン、グリセリン、スクワラン等になります。

有効に機能する保湿成分はひとそれぞれなので、低刺激のものからいろいろと試してみると良いでしょう。

なお、保湿が必要な乾燥肌の方は、肌が荒れがちだと思います。

普通の方よりも肌に赤みがでやすいですよね。

そういう方は肌の赤みを目立たなくするグリーンやブルーのコントロールカラーの下地を選ぶと良いでしょう。

あと下地選びで気をつけてもらいたいことがあります。

いろいろな、高機能をうたった下地やベース用化粧品とかありますよね。

「これ1本でUVから保湿から美白までカバー!」みたいな製品は確かに便利なのですが、逆にいうと敏感肌にはデメリットになります。

ひとつの製品にそれだけの効能を示す化学物質が含まれていることになりますから、自分に合わない刺激物質を取り込む可能性も増えてしまいます。

なので、敏感肌の方が保湿を考えてケアをしていくには、なるべくシンプルかつ天然由来のものを選ぶようにぜひ心がけてください。


Sponsored Links

保湿する際におすすめしたいこと

moisturizing
保湿する際におすすめしたいことは、当たり前になってしまいますが、それだけ肌に水分を蓄える力を高めてくれる成分を含んでいるものを選ぶことです。

・ セラミド
・ ヒアルロン酸
・ 大豆レシチン
・ コラーゲン
・ ヘパリン類似物質
・ エラスチン

等が一般的に良く用いられる保湿成分です。

上記の成分の中でも、保湿ということだけにフォーカスするとセラミドは非常に効果的です。

コラーゲンやヒアルロン酸は肌質の改善や弾力性の回復にも効果的ですね。

あと日本人に非常に多いのが、肌が乾燥しているのに脂質も多いという混合肌という体質です。

これは、Tゾーンなどには油が出やすいのに、他の部分で水分量が足りなかったりして、タダの乾燥肌よりも敏感肌になりやすい傾向にあります。

そういうタイプの方は、洗顔でしっかり脂質の多い部分から油分を洗浄して流しつつ、顔全体に保湿成分を含む下地または基礎化粧品を塗ると良いでしょう。

また皆さんは実際に化粧品等を購入されるときはどうしていますか?

ネットやホームページなどから情報を入手し、あらかじめ自分の気になる商品をチェックしておきましょう。

その情報を元に、デパートにあるような化粧品の対面販売にいって見ると良いです。

実際に販売員からアドバイスをもらったり試供品で試してみて最終的な商品の選定をすると良いでしょう。

化粧品は食べ物と似ているところがあってネットでの買い物は便利ですが目に見えない部分の効果は全く未知数です。

肌につけるものを買うときは店頭に行くことがとても大切です。まさに「肌に合う」ものを探してください。

あとはなるべく低刺激の下地や化粧品を選ぶ時のコツは「赤ちゃんにも使用できる。」とうたった商品を選んでみると良いと思います。

乳児の体に塗るものは、外的な免疫もまだ健全に育っていないので、非常に気をつけてやる必要があります。

そんな乳児でもOKとうたっているオイルやパウダー等は、かなり安全や刺激性に注意して生産されていると見ても良いでしょう。

お時間のあるときにぜひそういったものもお試しになってみてくださいね。

これまでと同じものを使っていたら、これまで同じ結果しか得ることが出来ません。

自分にあった新しいものを見つけようとする姿勢がとても大切です。

ぜひチャレンジしてみてください。


Sponsored Links
CATEGORY :