唾液が多い時の対策とは?病気の原因は自律神経の乱れ?

唾液が多い時の対策とは?病気の原因は自律神経の乱れ?

今日は「唾液」についてお伝えしたいと思います。

唾液は私たちが分泌しているものの中でも、とても身近に感じやすいものの一つだと思います。

けれど身近なわりには、その唾液の役割や作用、病気に関することなどは案外知らないといった方も少なくありません。

唾液の分泌はバランスを崩すと、唾液過多或いは少なくなってドライマウスといった症状にもなりやすくなります。

とっても繊細です。

そしてその効果や作用を知ると、これまで当たり前のように分泌していたものがとっても「貴重なお薬」のように感じる方もいらっしゃるかもしれません。

それくらい沢山の効果、効能があるのです。

毎日当たり前のように分泌している唾液を見直す時間になればと思います。

では、早速見ていきましょう。


Sponsored Links

唾液の役割や作用とはどんなもの?

much-saliva2

では、早速唾液の役割や作用についてみていきましょう。

消化作用

唾液は唾液腺から口腔内に分泌される成分で、水、電解質、粘液といった多くの酵素から成り立っています。

その中の消化酵素であるアミラーゼが糖質を分解し、身体に吸収しやすい状態にしてくれているのです。

潤滑作用と湿潤作用

口の中には、硬い歯と柔らかい舌や粘膜が同居していますよね?!

そんな中食べたり、喋ったりしてもケガをしないのは唾液が潤滑剤となって、お口の中を潤してくれているからなんです。

免疫作用

口や目、鼻などは外界と接触する部位である為、外から侵入してくる細菌などを防ぐ機能を持っています。

唾液に含まれるリゾチームはその役割をするものの一つで抗菌作用を持った酵素なんです。

このリゾチームは唾液だけでなく、涙や汗、リンパ腺、鼻粘液、肝臓、腸管など、私たちの身体に広く分布していて、色々な細菌感染から身体を守り、生命維持に欠かせないものです。

もう一つ、唾液に含まれるムチンという酵素は菌を凝集させ、菌塊として口内から排出する働きを持っています。

気付かない間にも私たちはしっかり守られているのですね。

嚥下(えんげ)、咀嚼(そしゃく)作用

唾液との混和で適当な大きさになる為、私たちは食べ物をきちんと飲み込むことができます。

咀嚼や嚥下も当たり前のように見えて、生きるために不可欠な行動であり、働きです。

洗浄作用、自浄(じじょう)作用

唾液は口の中を洗い流す役目を持っています。

1mlの唾液が口腔内の90億個の細菌を取り除くと言われていますから、凄いですね!

緩衡作用

唾液中の重炭酸塩の働きによって、お口の中のPhバランスが保たれます。

食事をした後というのは、口の中が酸性に傾きがちです。

酸性の状態が長く続くと、歯が溶けて虫歯になりますが、唾液のもつ緩衡作用によって、口の中を早く中性に戻すことが出来、結果虫歯になるのを防ぐことができます。

唾液は歯も守ってくれているんですね。

歯の再石灰化作用

虫歯が出した酸によって歯のカルシウムやミネラルが溶けだしますが、唾液にはそのカルシウムやミネラルを歯に補充し、修復する働きがあります。

守るだけでなく、修復もしてくれるなんて、唾液のパワーは凄いですね。

味覚を感じることが出来る

私たちが食べ物の味を感じることが出来るのは、食べ物の味物質が唾液の中に溶け込み、舌の味覚受容器に届けられることで味を感じることが出来るからだと言われています。

ですので、唾液がないと食べ物の味が分からないいわゆる「味覚障害」に陥ってしまうのです。

食べ物の味を感じることが出来るのも唾液のおかげなんですね。


Sponsored Links

唾液が多くなる原因と対策とは?

much-saliva3

唾液が多くなる原因はいくつかあります。

一つは自律神経の乱れです。

唾液を分泌する唾液腺は自律神経に支配されています。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、自律神経とは交感神経と副交感神経に分かれていて、昼間など活動時には交感神経が優位、活発になっていて、逆に夜間など睡眠時には副交感神経が優位に働くようになっています。

そしてこの唾液というのは、副交感神経が優位の時に分泌されるのですが、このバランスが崩れると、唾液の量が多くなったり、少なくなったりするのです

よく言われるところの「自律神経失調症」です。

特にストレス過多が原因で自律神経失調症になる方も多いので、その場合は上手にストレスを発散するようにしましょう。

ストレスを感じない心や身体作りも大切になってきます。

またもう一つ、胃腸の機能が低下している場合も唾液が多くなります。

何故なら唾液は胃腸の消化、吸収を助ける作用がある為、関わりが深いのです。

人によっては痰(たん)がからんだり、吐き気、嘔吐、胃痛、下痢、めまいなどの症状を併発しやすく、水分代謝異常に陥っていることが考えられます。

胃腸が冷えていると、機能が低下し、結果唾液量にも影響を与えますので、胃腸が弱ってきている方は胃を休める、温めるなどのケアをしましょう。

またゆっくり噛むことも胃腸の負担を軽減します。

食べ過ぎも防止しますので、何かと忙しい現代人ではありますが、できるだけゆっくり噛むようにしましょう。

唾液が少なるなる場合は? 病気の可能性も?

much-saliva4

唾液が多い場合も問題でしたが、逆に少なすぎる場合も支障が出てきます。

唾液もバランスが大事であり、大切です。

少なるなる場合は、ドライマウス(乾いた口)と言われ、最近このような症状に悩まされている方が多くなっています。

精神ストレスが過多になったり、また会議などで緊張した時、不安や怒りを感じた時は唾液の分泌が抑制され、口の中が乾いたり、粘っこくなったりします。

確かに緊張していると、喉が渇いたり、唾液がネバネバとしたりしますね。

また疲れていたり、体調不良の場合も唾液の分泌が少なくなると言われています。

精神状態はこういうところにも表れてくるのですね。

また鼻ではなく、口で呼吸をする習慣がある方も口の中が乾きやすくなりがちです。

他にもシェーグレン症候群と言われる全身の外分泌腺が自己の免疫機能の異常により壊れていく病気や糖尿病など血糖値が高くなる病気の場合も喉が渇き、唾液の分泌が少なくなると言われています。

長期間に渡り、そのような症状が続く場合は、病院で検査を受けてみて下さいね。

いかがでしたでしょうか?

唾液が正常に分泌されてるからこそ、私たちの健康、特に口の中が守られているのですね。

一緒に分泌のサポートをするよう心がけていきましょう。


Sponsored Links
CATEGORY :