痰の原因とは?高齢者やタバコに関係が深い事情を徹底分析。

痰の原因とは?高齢者やタバコに関係が深い事情を徹底分析。

最近あなたは痰(たん)が多く出てしまいお悩みではないですか?

痰が出るのは、身体の中の異物を体外に排出するための反応です。

高齢者の方やタバコを吸われる方は肺や気管支を長い間、酷使しています。

長い間、肺や期間を酷使したことにより、痰が多く出るということが分かりました。

痰が止まらない原因を、今回分かりやすく紹介いたします。


Sponsored Links

痰が多い原因は?高齢者は肺や気管支に疾患を持っているのかも。

高齢者の痰や咳が止まらない。

痰や咳が長く続く(2週間以上)。

そういう時は疑うべき病気は以下の通りです。

1.風邪

2.慢性気管支炎

3.急性気管支炎

4.肺気腫

5.気管支ぜんそく

6.肺結核

7.肺がん

8.肺炎

高齢者が吐いた痰を確認してみてください。

痰の状況により、考えられる病気が変わってきます。

黄色い痰は風邪などの細菌感染の疑い。

血が混じった痰はのどの炎症、肺結核、肺がんなどの疑い。

痰の状況だけで、すべてを判断はできません。

しかし長く痰や咳が続く原因は、恐ろしい病気の可能性もあるということも頭に入れておくべきです。

もし気になるようでしたら、お早めに病院で診察を受け原因を知ることをおすすめします。

高齢者の痰の原因を抑えよう。未然に痰を減らす対策とは?

大きな病気でない限り、以下の対策で痰がずいぶん緩和されるはずです。

痰が多く出てしまう人は、ぜひお試しください。

1.高齢者の痰の原因を予防。風邪をひかないように予防する。

風邪をひくと鼻水が出て、それがのどに流れ込みます。

鼻水が出始めると当然、痰が出やすくなります。

またのどが炎症を起こし、咳が出てより痰が多く出ます。

高齢者の風邪は肺炎の恐れもあり、油断はできません。

季節の変わり目や乾燥した時期などマスクの薬用や部屋の加湿による予防が必要です。

2.高齢者の痰の原因を減らす。寝室を温かく保ち、加湿する。

乾燥がひどくなる冬場は特に、咳により痰が出やすくなります。

乾燥している部屋で寝ていると、のどが炎症を起こしてしまい、咳による痰が起こってしまいます。

のどを傷めないように部屋を温かく保ち、加湿をおこないましょう。

また部屋を加湿することで風邪の予防にもなります。

湿度で痰を減らす

乾燥する時期は痰の粘度が増し、痰が出しにくくなります。

水分をこまめに摂り、部屋を加湿することで、痰の粘度を緩くし出しやすい状況にすることも重要です。


Sponsored Links

痰が止まらない原因を徹底分析。タバコを吸う人は、さまざまな怖い病気を引き起こす?

タバコのパッケージにも書かれている通り、決して身体によい物ではありません。

タバコが引き起こす特に怖い病気の症状を分かりやすく解説します。

1.肺気腫

肺の中にある「肺胞」という組織が壊れ、溜まった空気を押し出せなくなる病気です。

肺気腫は別名「タバコ病」とも呼ばれ、一度タバコなどでこわれた肺胞が元に戻ることはないと言われています。

肺気腫は運動時の息切れという初期症状から始まります。

体力が落ちたのかな?と思う程度で自覚症状があまりありません。

症状が進むと歩いたりちょっと動いたりするだけで息切れが起こり始めます。

高齢者や痩せ型の人が発症することが多く、慢性的に咳や痰が続きます。

診断では胸部のX線検査で発見されることが多く、治療は吸引式の治療薬を用いります。

肺胞の再生は望めないため、残りの生きた肺胞の維持が治療の目的になります。

2.慢性気管支炎

慢性気管支炎は長い期間タバコを吸ってきた方が、発症割合が多いです。

タバコ以外に高齢者、大気汚染、遺伝的に気管支が弱いなど原因として考えられます。

慢性気管支炎は気管や気管支が慢性的に炎症を起こしており、痰や咳が長く続きます。

症状が進行すると呼吸困難や息切れを常に感じるようになります。

痰がひどい方には去痰薬など処方され、咳が止まらない人には気管支拡張剤を処方します。

もちろん治療には、禁煙は欠かせません。

3.気管支ぜんそく

気管支ぜんそくを患っている人の気道は常に炎症を起こしています。

そのため、通常の人より気管が狭く、空気が通りにくい状態になっています。

空気が通るスペースが狭いため、タバコの煙や空気が悪いところで呼吸をすると咳や痰が止まらなくなります。

病院での診断は胸部のX線撮影や呼吸機能の検査(肺活量を測定)などを行い、判断していきます。

気管支ぜんそくと診断を受けた場合、「吸入ステロイド薬」での治療が主流です。

症状がそれでも緩和されない場合、「長時間作用性β2刺激薬」という薬を合せて服用することになります。

タバコで痰がでる

いかがでしたか?

高齢者の方は免疫力が低下し、どうしても風邪や大病を患いやすくなります。

普段の生活に注意を払いながら、つらい咳からの痰を予防していくことが必要です。

またタバコは言うまでもなく、万病のもとです。

愛煙家の方には耳の痛い話かもしれませんが、咳や痰だけではなく、体のいたるところに害を及ぼします。

そうは分かっていても止められないという方がほとんどだと思います。

どうしてもやめられない方は、禁煙補助薬や病院(禁煙外来)をおすすめします。

わたしたちは一刻も早く、痰やつらい咳の悩みからあなたが解放されることを心より祈っています。


Sponsored Links
CATEGORY :