足の裏のほくろが癌(メラノーマ)である確率とは?その特徴と見分け方。

足の裏のほくろが癌(メラノーマ)である確率とは?その特徴と見分け方。
足の裏にできるほくろ。

そのほくろの中にも良性のものと悪性のものがあるというのをご存知でしょうか?

悪性のものは悪性黒色腫、別名「メラノーマ」と呼ばれています。

いわゆる皮膚がんの一種です。

日本人が発症する皮膚がんは手のひらや爪、顔もありますが、そのほとんどが足の裏に発症すると言われています。

足の裏って普段そんなに目にするところではないですよね?!

そう、少し気がつきにくいんです。

そこで、今日は足の裏にできるほくろと皮膚がんの一種であるメラノーマについて、そのメカニズムと対処方法をお伝えしたいと思います。

足の裏を少し見てみる一日にしていただければと思います。


Sponsored Links

足の裏にできるほくろが癌?その特徴とは。

sole-mole2

ほくろというのは身体の至るところにできる可能性があります。

皆さんも生まれつき顔や手、腕などにある方もいらっしゃると思います。

このようにほくろは「先天性」の場合と、思春期以降にできた「後天性」の場合あり、後天性の場合は紫外線が原因の場合がほとんどだそうです。

そうなると足の裏というのは、普段の生活では紫外線を浴びにくい場所であることから、できる可能性は低いということになるのですが、靴との摩擦などで、気づかないうちに皮膚を傷つけ、ほくろが出来てしまうことがあります。

もちろん足裏のほくろすべてがメラノーマ、皮膚がんであるわけではないのですが、
ほくろができにくい箇所にもかかわらず、できているという時点で少し注意が必要です。

症状としては、最初に茶色から黒褐色のようなほくろができ、次第に黒くなっていったり、また時間の経過とともに拡がっていき、中心部に隆起や腫瘍がみられるようになります。

爪の場合は黒褐色の縦じまが現れ、数か月で大きくなり、結果爪が割れやすくなったり、色素が爪の周りの皮膚まで染み出たりします。

人間の皮膚は「表皮、真皮、皮下組織」という三層構造になっていて、表皮がんはがんのできる位置によって、「基底細胞がん」と「有棘細胞がん」に分けられます。

こちらは高齢者に多いタイプのがんで、比較的進行も遅く、転移しにくいことが特徴ですが、メラノーマは、転移しやすく、そのまま放置すると、リンパ節に転移し、さらには脳や肝臓などの重要な臓器にも広がりますので、注意が必要になります。


Sponsored Links

メラノーマである確率とその見分け方

sole-mole3

足の裏のほくろとメラノーマを見分ける簡単な方法は、「左右対称」であるかどうかだと言われています。

メラノーマは周辺の組織を壊し、色んなところで増殖をするので、対称性がなく、不規則なのです。

またそのほくろに毛が生えているかどうかでも判断基準となります。

毛が生えているということは、毛の細胞を壊さずにほくろが増殖しているということですので、良性である場合が多く、毛が生えていないということは、細胞を壊しながら増殖をするので、毛が生えにくいのです。

また周囲の皮膚との境界がはっきりしない為、色に濃淡があると言われています。

とはいえ、初期のメラノーマはなかなか見分けがつきにくいと言われています。

ですので、心配な方は皮膚科を受診して、ダーモスコピー検査というのを受けるといいでしょう。

ダーモスコピー検査は特殊な拡大鏡で痛みもなく、瞬時にメラノーマかどうかを判断できます。

この検査は保険が適用されるので、自己負担も数百円程度で済みます。

ただしこの検査を行っていない皮膚科もありますので、受けたい場合はあらかじめ確認してから行くようにして下さいね。

また実際に足裏にほくろが見つかっても、ほとんどは良性の母斑細胞だと言われており、確率としては低く、1万分の1程度と言われています。

手術するとなったらどうなるの?

sole-mole4

メラノーマは皮膚がんの中でもとりわけ成長が早く、また変色していなくても「癌化」している可能性がある為、手術をするとなると広範囲を取り除かなければなりません。

そういう意味では悪性の強いがんの一種と言えます。

足の裏のほくろ、数ミリ程度の大きさであっても、メラノーマは転移している可能性があります。

メラノーマは最初先程お伝えしました皮膚の表面を覆う表皮という部分に発生をしますが、時間の経過と共に広がり、同時に皮膚の奥にも成長します。

表皮の下には血管やリンパが通っている真皮があり、メラノーマが真皮に達している場合は、リンパや血管を通して全身に転移する可能性があります。

そしてその目安の大きさが7㎜程度と言われています

メラノーマは皮膚との境界が曖昧でもあり、出血を伴ったり、また急に大きくなったりする特徴があります。

また最初は良性のホクロであっても、刺激を受け続けることで悪性化することもある為、将来的なことを考え切除をすすめられることもあります。

まず病巣を広めに切除した後、補助的に化学療法を行うのが一般的と言われ、完治する為には、リンパ節転移をしていない段階で発見することが大切ですので、ほくろが大きくなってきた場合は、早めに病院を受診するようにしましょう。


Sponsored Links
CATEGORY :