日焼けの後の手入れはこれで万全。顔や体がヒリヒリ痛いときのケア方法は?

日焼けの後の手入れはこれで万全。顔や体がヒリヒリ痛いときのケア方法は?

太陽の光が強くなる時期、どうしても気になるのは紫外線ですね。

帽子や手袋、日焼け止めなど、バッチリ対策していても日焼けしてしまうことってありますよね。

家に帰ると顔や背中が真っ赤でヒリヒリ痛い。

日焼けの後の手入れはどうすればよいのでしょうか?

今回は、日焼けの対策からケアの方法までお話ししていきましょう。


Sponsored Links

日焼け対策やその後の手入れはこれで万全!

日焼け対策やその後の手入れはこれで万

太陽光線によってどんな人にも起こる生理的な皮膚障害には、日光皮膚炎や光老化(皮膚がんを含む)が一般に知られていますね。

太陽光線には、赤外線、可視光線、紫外線の3種類があり、皮膚障害を起こす中心は、ご存じの紫外線ですね。

この中でも地上まで届くUV-A(320~400nm)UV-B(290~320nm)が問題になるんです。

いわゆる「日焼け」は、UV-Bが原因となり、皮膚が赤くなるサンバーン(sunburn)という炎症症状を引き起こすものです。

専門的には「日光皮膚炎」とも呼ばれていますね。

同じく日焼けとして、厳密に区別されないこともありますが、UV-Aが原因となる「光老化」と呼ばれるものもあります。

これは、サンタン(suntan)と呼ばれるメラニンの増加によってシミ(色素沈着)をつくり、しわ、たるみなどの原因となる炎症症状を引き起こすもので、本来は区別されますね。

UV-Aは、皮膚(真皮)の奥深くまで到達し、シミやしわなどの原因となり、UV-Bは、真皮浅層ではあるが、サンバーン(sun burn)という肌が赤くなる原因になると大きくとらえるとよいでしょう。

しかしこれらUS-AとUS-Bの皮膚に対する作用機序には諸説があり、切り離して考えることはできません。

一方、UV-Bは、骨の成長に関わるビタミンDの合成に欠かせない成分でもあります。

昔は日焼けが健康的と言われた原因の1つ言えるでしょう。

でも、1日に必要なビタミンDを皮膚の紫外線吸収で補うには、顔や手の甲などに3~5分当てるだけで十分とされています。

またサプリメントなどで補うこともできますので、紫外線の過剰な照射の方を避けた方がよさそうですね。

ちなみに日焼け止め防止を表す指数に、PAとSPFがあります。

「PA」はUV-Aの防止力を表したもので、PA++++が最も強いものです。

一方、「SPF」はUV-Bの防止力を表したもので、50+が最も強いものです。

日焼け止めを選ぶときはこちらの表示を参考にされるとよいでしょう。


Sponsored Links

顔や体がヒリヒリ痛いときのケア方法は?

顔や体がヒリヒリ痛いときのケア方法は

サンバーン(sunburn)は、数時間後から始まり、24時間後にピークを迎えます。

サンタン(suntan)は、3~4日後から皮膚にメラニンの増加(色素沈着)を引き起すことを言いますね

思いがけず日焼けをしてしまったときは、まずは冷やすことが肝心。

熱傷と同様に考えて、冷たいタオルやローションパックなどで、赤みやほてりがおさまるまで冷却することが必要です。

ひどい場合は、抗炎症作用のある、グリチルリチン酸などが入っているものを使うとよいですね。

そして赤みが落ち着いたら化粧水などでしっかりと保湿を行いましょう。

また水膨れができている場合は、自分で破らず、皮膚科を受診しましょう。

全身のヒリヒリには紅茶風呂

海水浴やプールなどで全身がヒリヒリするような場合は、「紅茶のお風呂」がよいとされています。

紅茶に含まれる渋み成分である「タンニン」には、皮膚の炎症を鎮静化させる効果があるんです。

お湯が熱いととても入れる状況ではありませんね。

長くつかっていられる程度のぬるま湯に、紅茶のティーバッグを2~3袋浮かべましょう。

タンニンは緑茶にも含まれているので、緑茶のティーバッグでもかまいませんよ。

体の内側からもケアが必要

体の内側から行うケアとしては、たっぷりの水分補給、そして抗酸化作用が期待されるビタミンA、C、E、また代謝を高めるビタミンB群の摂取が効果的です。

【日焼け後のおすすめ食材】

  • ビタミンA(βカロテン):かぼちゃ、シソの葉、ニンジン、ほうれんそう、モロヘイヤ
  • ビタミンC:赤ピーマン、にがうり、パセリ、ゆず、レモン
  • ビタミンE:いくら、すじこ、うなぎ、大根の歯、モロヘイヤ
  • ビタミンB群:魚介類、乳製品、卵、豚肉、豆類、レバー

日ごろのスキンケアが大切なワケ

日ごろのスキンケアが大切なワケ

肌が潤いを保っていれば、日焼けをしにくく、回復も早いもの。

保湿ができていれば、皮膚の新陳代謝も正常に行われ、シミの元となるメラニンが紫外線によって増加しても早く排出されることにもつながります。

紫外線に当たらないことが1番なのは言うまでもありません。

でも日焼けの予防には肌の水分量を保つことも重要なんですね。

また日焼け止めを使用する場合も少しの工夫でより効果的なものになりますよ。

【日焼け止めを使用する場合のコツ】

  • 顔はクリームタイプ、広範囲につける場合はローションタイプで使い分ける。
  • 日焼け止めを化粧下地代わりにして、その上からパウダーファンデーションを重ねると長持ちする。
  • パウダーファンデーションは汗をはじく効果も。
  • 少なくとも2~3時間に1度は塗り直す。
  • 一度汚れを落としてから再度塗り直すとよい。

いかがでしたか?

大切なお肌を紫外線から守るには、日々のケアが必要なんですね。

そして日に焼けたときは、その都度対処していきましょう。


Sponsored Links
CATEGORY :