大根ステーキで美容と健康を手に入れよう!手軽に栄養補給できるレシピとは?

大根ステーキで美容と健康を手に入れよう!手軽に栄養補給できるレシピとは?

今回は冬の代表的な食材の「大根」に注目しました。

大根は11月から旬の季節です。

この季節はスーパーにも多く並んでいる光景を良く見かけますよね。

じつは大根が「美容」や「健康」にとてもおすすめである食材であることをご存知でしたか?

大根のなかに含まれる栄養素には消化酵素が多く含まれ、胃腸の働きを助けます。

まずは大根の注目の栄養素について紹介していきます。


Sponsored Links

そうだったのか!美容と健康を同時に手に入れる注目食材の大根。

大根は意外にもアンチエイジングやダイエットと美容と健康の効果が絶大に得られます。

大根にはアミラーゼやプロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素を多く含んでおり、様々な効能が期待できます。

■アミラーゼ
でんぷんをブドウ糖に変える消化酵素で特に生の大根に多く含まれます。
また胃もたれや胸焼けに対し効果が期待できます。

■プロテアーゼ
タンパク質分解酵素はプロテアーゼと呼ばれ、たんぱく質を事前に消化する働きがあります。
また腸内の老廃物を分解する働きがあり、腸内を浄化する働きがあります。
化粧品の成分としても多く使われています。

■リパーゼ
体内にたまった中性脂肪を分解する働きがありダイエットの効果が期待できます。
また血中のコレステロールを下げる効果もあり、美容と健康に抜群の効果が期待できます。

大根って、煮物以外に何か調理法ってあるの?手軽でおいしい大根ステーキとは?

今回あなたにおすすめであるレシピが「大根ステーキ」です。

大根はあっさりしすぎて物足りない。

煮物は時間がかかるから大変。

そのような悩みを抱えたあなた。

ぜひ大根ステーキをお試しください。

大根ステーキは低コストで簡単。

大根を使ったおでんや煮物に飽き飽きしているあなた。

手の込んだ料理がしたいけど時間がないあなた。

ぜひ今回ご紹介する大根ステーキをお試しください。

今晩からお試しください。簡単、美味しい。ヘルシーな大根ステーキレシピ。

美味しい大根ステーキ

大根ステーキの材料
・大根・・・・・・半分
・塩コショウ・・・少々
・にんにく・・・・1かけ
・酒・・・・・・・大さじ2杯
・醤油・・・・・・大さじ1杯

1.大根を厚さ2センチに切り、電子レンジで温める。

※箸がスッと通る程度まで温める。

※水分が飛ばないようにラップをかけて温めましょう。

2.温めた大根を塩コショウで下味をつける。

※両面にまんべんなく塩コショウを振りましょう。

3.フライパンにバターをひき、両面を焼き色がつくまで炒める

※形が崩れないように、裏返す回数は極力少なめに。

4.フライパンに酒(大さじ2杯)と醤油(大さじ1杯)を入れサッと両面になじませる

※バターが焦げやすいので手早くなじませましょう。

※皿に盛りつけるとき焼いた「ししとう」などそえるとさらに色合いが華やかになります。

5.すりおろした大根おろしを大根ステーキの上にそえる。

※生の大根はさらに消化酵素などの栄養素を多く含みます。

手軽でヘルシー。大根ステーキをアツアツなご飯とともにご賞味ください!


Sponsored Links

大根の栄養素をより効率的にとるにはどうするの?うまく料理し美容と健康を手にしよう。

大根に含まれる栄養素は熱に弱い物が多く、大根ステーキで焼くことで栄養素を逃がしてしまうことがあるかもしれません。

大根ステーキはボリューム感があり、腹持ちが良いのですが、熱を加えることにせっかくの栄養素が逃げてしまうことがあり、もったいないですね。

そのため、栄養素を少しでも多く摂取したい方は、できあがった大根ステーキに大根おろしをそえることをおすすめします。

栄養素をより多く含む大根おろしといえば、やはりサンマとの相性が抜群ですね。

またハンバーグや焼き肉など、おろしソースとして使うのも熱が加わっておらず、栄養を効果的にとれますね。

大根は生で食べた方が良い?栄養素をより多く取り美容と健康を求めるには。

生の大根は「辛い」と苦手な方。

その辛さにはアリルイソチオシアネートという成分が含まれており抗菌作用抗がん作用があるといわれています。

また葉の部分にはビタミンc、カリウム、カルシウム、βカロチンが多く含まれる万能食材なのです。

そのため、うまく大根を調理すれば、より美容と健康を効率的にとることができます。

大根は葉っぱに近い部分の方が、辛み成分アリルイソチオシアネートが多く含んでいます。

そのため、大根の葉に近い上部は「大根ステーキ」や「大根の煮物」など火を通す料理にすると食べやすくなります。

大根の根の部分は辛み成分が少ないため、生で食べられるような「大根おろし」や「大根サラダ」におすすめです。

大根の葉の部分は捨てずに「味噌汁の具材」や「チャーハンの具材」、鰹節やちりめんじゃこを入れて油と醤油でサッと炒めると無駄なく活用できます。

大根の辛さは場所で違う

1本が大きい大根です。

余すことなく、使い切れば経済的にも嬉しいですね。

いかがでしたか?

今年の冬は大根ステーキでひそかなブームを起こしています。

鍋やブリ大根やおでんと定番料理が多い大根ですが、たまには大根ステーキなど変わった

料理で食卓を彩ってみてはいかがでしょうか?

冬は何かとイベントが多く、美容と健康に対し、不摂生になりがちです。

ぜひボリュームがあり、男性も大喜び、「大根ステーキ」で身体をひと休みさせてみてはいかがでしょうか?


Sponsored Links
CATEGORY :