下腹が痩せない理由は?即効性のある筋トレやマッサージの方法を紹介。

下腹が痩せない理由は?即効性のある筋トレやマッサージの方法を紹介。

下腹のお肉が気になっている人は多いのではないでしょうか?

なかなか痩せにくい部分ですし、痩せている方でも下腹だけなぜかぽっこりと出ている人も少なくありません。

また頑張って腹筋の上の方は引き締まったけれども、下腹だけはへこんでいかないといったお悩みの方もいるでしょう。

この記事では下腹の痩せない原因や気軽に出来るマッサージ、筋トレ方法を紹介していきます。


Sponsored Links

腹筋をしてもなかなか痩せない理由は?

abdomen-loseweight1

意識して腹筋をするようにしているんだけど…。

もし腹筋運動をしていてもお腹が痩せていない場合はもしかすると骨盤の歪みかもしれません。

骨盤が歪むと内臓が落ちてくる?

よく骨盤が歪むと痩せにくくなるというのは聞いたことがあるかと思います。

具体的には下腹に関しては骨盤が歪むことによって、内臓の位置が本来のところから下がってきてしまって、下腹がぽっこりと出て見えてしまうんですね。

また内臓の位置が下がってしまうことのデメリットは内臓の機能が低下し血液やリンパの流れが悪くなること。

老廃物をうまく体の外に排出できなくなり、むくみやすくなってしまいます。

姿勢が悪い

もし下腹のお肉が気になっている方で猫背の場合、姿勢を正すことによって改善される可能性があります。

実際に比べてみると分かりますが、背筋をピンと伸ばしたときはお腹まわりの筋肉を使っている感じがありますね。

猫背の場合は腹筋や横隔膜周辺の筋肉を使わなくなってしまうのです。

なぜ筋肉がなくなることによって下腹が出てしまうのかというと肋骨が下がってくることが原因。

肋骨が下がることで下腹を押してしまい、下腹が出てくるんですね。

普段姿勢を意識しないせいか、ずっと背筋をピンと伸ばしているとキツくなってきますが、できる限り姿勢を伸ばすことを心がけましょう。

ハイヒールばかり履いている

特に高いハイヒールを履いてばかりの方は要注意。

高いハイヒールを履くと前のめりの前傾姿勢になり、足が上がりにくくなることで足と下腹部を繋ぐ筋肉が鍛えられなくなります。

脂肪は動かなさいところに付きやすいですから下腹部にお肉が付いてしまうんですね。

ぽっこりお腹を改善したい場合はなるべくスニーカーや高さのない靴を選ぶようにしましょう。

空いた時間でもできる下腹に効くリンパマッサージ

abdomen-loseweight2

「脇の下や首周りにはリンパが流れているイメージがあるけど、下腹にもリンパがあるの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

基本的はリンパは全身に張り巡らされており、お腹には腹部リンパ節といって老廃物がたまりやすい場所があります。

特に下腹部を触って冷えがある場合にはリンパの流れが悪くなっている可能性大。

リンパの流れが悪くなると余計な水分や老廃物、脂肪をためこみますし健康にもよくありません。

リンパの流れをよくし、健康的に痩せましょう。

早速お腹のリンパマッサージの方法を紹介します。

お腹まわりのリンパマッサージ

  1. 両手の指先を使いみぞおちから下腹にかけて押し流し、そのまま時計方向に回します。
  2. 何回か時計方向に回し、下腹あたりに近づいたところで足の付け根まで流していきます。
  3. これを10回くらい行いましょう。

※決して力を入れずになでるようにして行うのがポイントです。

お腹の筋肉ほぐし

  1. 椅子に座り、背筋を伸ばします。
  2. 下腹の左側の筋肉を全体の指でつまみます。
  3. つまんだまま垂直に少し引っ張り、ブルブルと左右に揺らします。
  4. 7〜8回を3セットくらいで行います。

※表面の皮膚をつまむようにではなく、筋肉をつかむように行って下さい。
また、痛気持ちいい程度でやりすぎには注意しましょう。

効果的なリンパマッサージですが、リンパの流れに逆らってやるのは逆効果です。

食後すぐや、お腹周りに皮膚の炎症がある場合、生理中、熱がある場合にはやめておきましょう。


Sponsored Links

インナーマッスルを鍛えて下腹ぽっこりを解消しよう!

abdomen-loseweight3

腹筋運動は辛くてなかなか続けにくいですね。

しかし、下腹ぽっこりの方は内臓を支える筋肉量が足りていない傾向にあります。

ぺったんこのお腹を目指すには是非筋肉をつけましょう。

筋トレといっても特にトレーニングマシンを使わずに自宅で簡単にできる方法を紹介します。

また筋肉を鍛えすぎてシックスパックのようになってしまうことを心配してしまう人もいるかもしれませんが、よっぽど鍛えない限り男性に比べて女性は女性ホルモンの影響で筋肉ムキムキになることはありませんので、安心して下さい。

むしろ筋肉をつけることによって基礎代謝も上がり消費カロリーが増えますし、骨盤を支える筋肉が増えて歪みの防止にもなります。

お尻上げ運動

もしアウターマッスルのトレーニングによって効果が得られていない場合にはこのトレーニングを取り入れてみましょう。

インナーマッスルが衰えると内臓が下がりがちになりますが、鍛えることで内臓が元の正しい位置に上がります。

このとき腹式呼吸を取り入れると効果がアップしますよ。

  1. 床に仰向けに寝て、ひざを90度になるくらいに立てましょう。
  2. 手は床につけて、両足はそれぞれぴったりとくっつけます。
  3. 次に息を吐きながら、お尻をゆっくりと筋肉を使って持ち上げます(ひざから胸の位置がまっすぐになるくらいの高さまで持ち上げます)。
  4. その状態で10秒ほどキープし、息を吐き切ります。
  5. そして息を吸いながら、ゆっくりとお尻を元の位置に下げていきます。

Sponsored Links
CATEGORY :